競馬探偵が斬る!!

競馬携帯サイト【底なし競馬クイズ(2007.6月)】で、 48,000人中1位になってしまった… 高校生ライターcrisのサイト。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェブラリーステークス

スポンサードリンク


クイーンカップ


リトルアマポーラは完勝だった。桜よりオークスという。桜は三番手くらいの評価、
オークスは連軸がベスト。

次走狙えるのは、ライムキャンディマルターズオリジンマルターズは人気も下がる
だろうし、かなりおいしい。

京都記念
アドマイヤ2騎で鉄板のレース。水気のある芝でウオッカは狙えない。
ウオッカは、後々話していきますが、恐ろしくわかりやすい
狙いどころがはっきりしすぎなくらい。このように、狙い所がはっきりしているようでは
と言えない。常に勝つ、どんな条件でも。ウオッカにもこのくらいのランクになる
ための成長をしてもらいたい。今は、「少し強いタニノギムレット産駒」の
イメージでしかない。

シルクフェイマスは展開に恵まれたが、あの歳を考えると良くがんばっている。
福永もいい騎乗だった。

他に土曜で気になった東京9レース調布特別で4着だったアブソリュート
狙うなら、次の次あたり。次が中山なら狙わないで、その次が春の東京だったら狙う。
中山が連続開催に入るから、どこかで出てくるだろうけど、たぶん中山は合わない。
陣営も分かっていると思うけど。

京都10レーンパッションレッド、平坦コースなら準オープンでも充分通用する。

さて、土曜の目玉は京都新。あのカジノドライヴが大差勝ち。確かにウワサ通りの
体だったね。大差の圧勝から、マスコミとかがかなり大きく扱っているけど、
強いです。アメリカでなら。

日本の砂は、アメリカの砂に比べ断然浅い。力よりスピードが必要な場なんです。
だいたい、父マインシャフト、母父デピュティミニスター、祖母がケンタッキーオークス
ジャジル、姉もベルモントステークスラクストゥリッチズ…これでもかというくらい
ガチガチのアメリカ血統。

京都の砂は、特にスピードが必要。だから、勝ち時計が1分54秒4なんて平凡な
モノになる。確かに最終レースのゼットコマンダーより速かったけど、9レースの
1000万条件に1秒2及ばないタイムは、何の誇りにもなりません。相手が弱かっただけ。
まあ、コパノアコチャンはまだ見込みあるけど。ラスト1ハロン11秒台まてで持っていった
けれど、逆に言うと、出して当然。出せなければアメリカなんて夢のまた夢。
たぶん、アメリカなら通用する。次はアメリカGⅡ、ピーターパンステークスらしいけど
ここならなんとかなる。ここを勝てば、ベルモントステークスも楽しみになってくる。

そういえば、ピーターパンステークスからベルモントステークスってのは、あのサンデー
ブレイク
と一緒だね…これより上の結果を楽しみにしています。



日本向きのダートを挙げます。日曜東京のヒヤシンスステークスを圧勝した、サクセス
ブロッケン
。強かったなあ~脚部不安でダート使ってるけど、芝走ったら
どんな馬になるんだろう…スタミナに加え、スピードもある。本格化したらどうなるのか…
「怪物」になるかもしれません。

そうなると思うと、毎回三歳ダート路線が整備されていないことを悔やんでしまいます。

シルクビッグタイム、サクセスブロッケン、アドマイヤロザ、アドマイヤスワット、
ハイエモーション、マイネラロンハ、メイショウクオリア、ダイワランスロット、
ピイラニハイウェイ
etc…

ユニコーンステークス一つだけっていうのは、誰でもおかしいと思える顔ぶれです。
月に一つ、1000万条件を無くして、代わりにダート三歳限定重賞を加えても
いいんじゃないですか。あのシルクビッグタイムユニコーンステークスの叩き台に
ファルコンステークスというのは見ていられません。


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/02/29(金) 12:25:13|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://crisws.blog4.fc2.com/tb.php/24-025d4ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<ドバイミーティング | ホーム | フェブラリーステークス>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。