競馬探偵が斬る!!

競馬携帯サイト【底なし競馬クイズ(2007.6月)】で、 48,000人中1位になってしまった… 高校生ライターcrisのサイト。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガーネットステークス

スポンサードリンク

一昨日の
ガーネットステークスは、タイセイアトムが完勝しました。着差を見れば、確かに「完勝」と言える内容だとは思います。しかし、2走前に福島1150m、京都1200mを勝ち上がっているように、本質的には平地の短距離をスピードで押し切るタイプだと思います。もともと、中山1200mは、外枠の逃げが好走しやすい舞台です。大外枠で抜群のスタートを決められたこともあり、内の逃げを見ながらレースができたという面もありました。次走は、東京1400mの根岸ステークスのようですが、そこが本当の意味で試金石だと思います。

2着のスリーアベニューは、勝ちとは斤量の差でしょう。同斤量でも、差し切るまではどうだったかと思います。
3着のシアトルバローズは健闘したと言える内容だったでしょう。

案外ったのは、ニシノコンサフォス。あの流れでも粘りきるくらいの力はある。大型でもあり、ハンデの影響もそこまでは大きくなかったはず。それが粘りきれない。前走もそうでしたが、往年の粘りが無くなってきているのかも知れません。力の衰えを感じた内容でした。

トウショウギアは、左回りを得意とするタイプです。昨年の千葉ステークスのように2~3番手
から抜け出す競馬ができれば、右回りをこなせないこともありません。しかし、今回は15番枠。その分前に壁が作れず、が行きたがってしまったのでは。次走の根岸ステークスでは、この大敗の後、どこまで巻き返すことができるか注目したいと思います。

京都メインレース・シンザン記念は、ドリームシグナルの力が抜けていました。器用さもあるタイプでもあるので、今後クラシックでも掲示板に載ってもおかしくはないと思います。

2着のドリームガードナーは、調教の内容がなかなか判断しにくいものでした。今後、マイル重賞で一応マークが必要かもしれませんが、勝ち切るまでは…3着のマヤノベンケイは、なかなかの粘り腰を見せてくれました。今後はクラシックには進まず、地方のダートを視野に入れていくようですが、もともとはダートで勝ち上がった。1800mも許容範囲でしょう。

土曜日、中山。メインレースで大敗したアポインテットボブ。素質はオープン級だと思います。左回りが得意ではないようなので、準オープンの右回りではこれからもマークしていくとおもしろい存在なのでは。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/16(水) 23:19:09|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://crisws.blog4.fc2.com/tb.php/1-48de219a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<POG-1 | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。