競馬探偵が斬る!!

競馬携帯サイト【底なし競馬クイズ(2007.6月)】で、 48,000人中1位になってしまった… 高校生ライターcrisのサイト。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

POG-6
次に挙げるのは
福寿草特別を差しきった松田国英厩舎のブラックシェル
姉のシェルズレイは気性に問題がありましたが、弟はそこまでヒドくないとのこと。
距離も大丈夫そうですし、今後マークしていく必要があると思います。

そのブラックシェルに敗れ、福寿草特別で2着に終わった石坂厩舎のキングスエンブレム
どうやら、芝ではアタマ打ちのようです。オープン特別では、なんとかなりますが
ペースが厳しくなる重賞でのアタマはないでしょう。去年4月、初めてこの馬の写真を見た
私は、「いいだなあ」と素直に思うくらいの好体をしています。いかんせん、兄と同じで
斬れ味に欠けてますね。エリカ賞で牝アルスノヴァに負けるとは…ダートは相当
走るかもしれません。この一族は、勝つときに恐ろしく強い勝ち方をします。
このの将来が楽しみです。

さらに、前述2頭に福寿草特別で敗れたファリダット。いい体に、いい血統、いいフォーム…
いいところは、たくさんあるのですが。確かに距離はあまり持たないでしょうが、二千以下なら
もしかすると超大物にも…要は、気持ちの問題ですね。今回の敗戦だけど、評価は
落とせません。今週のつばき賞が楽しみです。

ドリームシグナルは、シンザン記念では、実力がアタマ一つ抜けていました。
ダービーより、皐月賞でしょう。どこをステップするかわかりませんが、勝ち負けには
更なるパワーアップが必要です。(POG-7に続く)

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/31(木) 21:40:27|
  2. POG
  3. | トラックバック:0

平安ステークス
京都メイン
平安ステークスは、松元省厩舎のクワイエットデイが先行抜け出しで
勝ちました。ダートが早くなれば、こののモノですね。しかし、東京1600mで狙う
ではないと思います。実際、平安ステークスは勝ちではなく、2~3着が次
狙えるというレースです。

その2着だったメイショウトウコンは、なんとも案外なレースでしたね。
確かに一番人気の58kg、雨で速くなった場…マイナスはありましたが、
それにしても行きっぷりが悪かった。伸び脚がいつもと違いましたね。疲れが出て
いるのかなという感じです。

次走狙うなら、僕は3着のマコトスパルビエロです。今回、明らかに追い不足ながら
粘っての3着。ロベルト系の大型。次、変わってくるのは確実…と、僕は思います。

ロングプライドは、だいぶ力をつけてきましたね。前は、このような場なら二ケタ着順の
馬だったんですが…このは、良場で狙ったほうがいいと…。

マイネルアワグラス
は、重賞でも十分通用します。
フェラーリピサは、1800が長いようです。
ドラゴンファイヤーは、個人的な感覚ですが、もしかしたら京都が合わないのかも…
左回りの東京はいい条件ですが、アタマは厳しいと思います。

他に目に付いたを少し。
小倉新馬を勝った大久保龍志厩舎のハイエストホワイト。兄のブラックカフェ
姉のマドモアゼルドパリがいるなので、本格化は来年以降でしょうが素質は
高いです。兄、姉ともに券で狙いどころがあるタイプなので、何かしら得意な条件を
持つだと思います。

若竹賞を逃げ切ったウォーエンブレム産駒のショウナンアルバ。姉にショウナンタレント
います。素質はA級と評価しているのですが、蛯名の言うとおり、、控えて競馬
できなければクラシックは厳しいと思います。

日曜中山最終レースヴァンデグローブには驚きました。完全にダイワルビアの勝ち
パターン。そこから、あのレースぶりとは…昇級しても注意が必要だと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/30(水) 19:23:45|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0

アメリカJCC
先週は、なかなか
面白いレースがいくつかありました。勝ち切れない、2~3着付け
向きのが普段の倍くらい出ていたのではないでしょうか。

日曜阪神10レース許波多特別では、ブラックシャンツェが測ったかのようにハナ差の
2着、12Rでもナリタジューンがハイペースを踏ん張って3着。土曜京都10レーン舞鶴
特別
では、お馴染み、タカオセンチュリーがお約束の3着。最近この仲間入りした
エイシンイダテンがクビ+クビの4着。

土曜中山9レーン若竹賞でも、スマイルジャックがいつものようにしっかり複勝圏確保。
ロイスアンドロイスのようなですね。中山11レースアレキサンドライトステークスでは、
昇級戦のパピヨンシチーがしっかり3着。日曜中山では、ピサノグラフが惜しくも(?)
4着でしたが、女版ステイゴールドになりかけているマルターズオリジンが9レースで
3着に入るなど、勝ち切れないがいつものように勝ち切れないという展開の中…

日曜中山メインレース、アメリカJCCで遂にあのエアシェイディが勝ってしまい(?)ました。
いいキャラだったのになあ…あの馬は、決して勝負根性がないわけじゃない。
逆にかなりあるほうだと思います。ただ、いい脚が一瞬しか使えない。
その分、勝ちきれなくなる。今回は、後藤のファインプレーですね。今後のGⅡ、GⅢの
連軸として十分狙えます。それにしても、勝ってしまうと少し寂しいもので…
ステイゴールド目黒記念もこんな感じだったのかなと。

2着トウショウナイトは走る下地がありました。超叩き良化型で、マイナス10kg。
紋れたこともあり、地力を見せました。非根幹距離で狙うなので、狙うなら日経賞あたりでしょうか。

3着ブラックアルタイルは、だいぶ力を付けてきましたね。得意の中山中距離、昇級
通用しやすいレース…このくらいは走れる馬でしょう。

ドリームパスポートの走りは、微妙ですね。本命で正攻法。これで崩れるのだから
転厩の影響でしょうか。関東移籍は、いろいろな意味でマイナスです。
いずれにしても、脚の使いどころが難しいタイプですね。伯父のステイゴールドと似た
ようなタイプです。

シルクネクサスは、もっと絞れれば。絞って中山か阪神なら狙えると僕は思います。
ダブルティンパニーは、不利が大きかった。元々安定感のある。とりあえず、
オープンと区別で狙っちゃえば。大阪城ステークスあたりとか…。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/29(火) 21:03:24|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0

POG-5
関西馬は
素質が多いですね。何かきっかけさえつかめば、一躍クラシックの最有力馬に
なれる馬ばかりです。

僕が期待しているのは、昆厩舎のマンハッタンカフェ産駒、ジュウクリュウシン
重厚な父にスピード色のある母系をからめた好素材です。サンデーサイレンスの後継
種牡は、一年目の産駒成績が案外でも、二年目の産駒成績が抜群に良くなる傾向が
あります。アグネスタキオンのダイワスカーレット、スペシャルウイークのシーザリオ等が
好例ですね。マンハッタンカフェもこのようなタイプであれば、ジュウクリュウシン
マンハッタンの代表産駒になれるかもしれません。
それくらいの実力はあると、僕は思います。(この続きはまた…)

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/28(月) 21:49:36|
  2. POG
  3. | トラックバック:0

POG-4
関東の三歳
について数頭挙げていきましょう。

ここ数年結果が出ていない関東の中で注目は、ニシノエモーションでしょうか。
血統的にも奥があり、今後楽しめる逸材だと思います。本格的には四歳になってから
という可能性もありますが…

京成杯を渋太く差しきったマイネルチャールズは、皐月賞で大いに楽しめるでは
ないでしょうか。前年のサンツェッペリンとローテーションが似ていることもあり、
かなり人気しそうな気がしますが、賞金的にも楽になりましたし、何と言っても
中山芝2000Mに強いブライアンズタイム産駒でもあり、兄弟も中山巧者ばかり。
しかも、なかなかいい根性をしていますしね。

そのマイネルチャールズ葉牡丹賞で破ったアグネスタキオン産駒のミステリアス
ライト
も好素質です。しかし、フレグモーネの影響で、戦線復帰が遅れるとのこと。
小島調教師も期待している逸材。復帰が楽しみです。

もう一頭挙げるなら、大久保洋吉厩舎のオーロマイスター
ゴールドアリュール産駒は、スローペースから長い直線をフルに生かすタイプが多く
このタケミカヅチもそのタイプだと思います。好内容の新戦も、スローペースから
東京の長い直線を目いっぱい使うレース。どこまで器用なレースができるかというところ
ですが、調教では常に抜群の動きを見せる同。このようなタイプは、マイル以下で
伸びる可能性もあり、来年のマイル路線に登場してくるとおもしろい存在だと思います。

そのオーロマイスタージュニアカップで破ったスマートファルコン。確かに芝適性は
ありますが、ゴールドアリュール産駒でワールドクリークの弟とくると…ジュニアカップ
上がりのかかる展開。このあと狙うではないでしょう。もちろん、芝での話ですが。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/27(日) 21:54:44|
  2. POG
  3. | トラックバック:0

京都メインレース日経新春杯
京都メインレース
日経新春杯は、アドマイヤモナークが完勝しました。
しかし、あの場が良なら、どのような場が稍重なのかと言いたくなる場で、
時計、上がりともにかなりかかる展開でした。1着アドマイヤモナークは、ヨーロピアンな
重厚血統、2着ダークメッセージは、母系がビッグショウリ等を出したクラフティワイフ系で、
母父は重場巧者のノーザンテースト、兄にダート準オープンの常連アドマイヤキラメキが
います。3着テイエムプリキュアは、重場巧者のパラダイスクリーク、伯父は、あの
エムアイブラン。GIを制した時も重場という。いずれもあの場に適したばかり。
次に繋がるかと言われると…。しかし、モナークはもともと2~3着軸で狙えるです。

メッセージは、重賞で狙えますが、自己条件だと一番人気でポカして敗れる可能性のある
ダンス牡です。
アドマイヤジュピタは、完全にのめっていました。次走が中距離GⅡ、GⅢなら軸にできます。
マキハタサイボーグは、基本的に2番が利かない。次走で狙うかと言われても、
私は狙いません。

紅梅ステークスは、エーソングフォーが勝ちました。しかし、大混戦で頭一つ抜けていたような
勝ち方ではありませんでした。まあ、フィリーズレビューあたりなら、まだ見限れません。
 正直、ラベにはがっかりしました…

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/24(木) 18:40:39|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0

京成杯
 

一昨日は
京成杯がありました。マイネルチャールズは、順当勝ちでしょう。着差以上に
強い内容です。切れるというより、一頭ずつ、捕まえにいく末脚で将来性も十分。
中山得意のブライアンズタイム産駒ということもあり、皐月賞は人気でしょうが、軸にしても
良い存在かもしれません。
それにしても、あの一族は、中山が巧いですね。チャールズの兄のマイネルアワグラスは、
先月、北総ステークスを昇級初戦ながら完勝。姉のマイネヌーヴェルも中山でホープフル
ステークス、フラワーカップ
を勝っていますし、兄のマイネルネオスも中山で勝鞍がありますし。
上が好走したコースに下が出てくるようなら、積極的に狙ってもいいかもしれません。
 
ベンチャーナインは、流れが向きました。武士沢も好騎乗でしたね。
アイティトップは、良い素質を持っています。しかし、今後GI級かといわれると…。
リトルアマポーラについては、後々書きます。
そして、このペースで惨敗した先行勢は次狙う存在ではないでしょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2008/01/23(水) 18:58:16|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0

POG-3
新馬戦での
サブジェクトのパフォーマンスは、確かに素晴らしいものがありました。
その後、案外な内容が続いたものの、ラジオNIKKEI杯で押し切り勝ち。
しかし、このレースで一番強いレースをしていたのは、サダムイダテンというのは明らかで、
血統的にも今後積極的に狙っていきたいタイプではありません。
逆に、ここで注目すべきは、鞍上ペリエだと思います。
ペリエは阪神中距離のレースで、これまで差して惜敗が多いを先行させて一発カマす
というケースが結構あります。重賞でも今回のサブジェクト、一昨年の鳴尾記念での
サクラメガワンダーなど、一気の脚質転換で結果を出してくるので、マークが必要でしょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/20(日) 21:18:10|
  2. POG
  3. | トラックバック:0

POG-2

クラシック路線に
目を向けると、大混戦といった感じです。
そうですね。。。サダムイダテンが頭一つ抜け出すといったところでしょうか。
フォーティナイナーが‘晩年の傑作’になる力はあると思います。
管理する中村先生もかなりの期待をかけているようですし。
距離は2000mまではいけますが、東京2400となると…近親マイネルセレクト
ということもあり、今後芝でもダートでも楽しめるタイプでしょう。

東スポ杯を勝ったフサイチアソートは、トワイニングの仔とは思えないほど
芝をうまくこなしています。母父サンデーの影響でしょう。
まだ、2戦しかしていないということで、どれくらい経験が積めるかという感じです。
素質はあるので、今後のローテーション次第ですが、中山で狙いたいタイプと
言えるかというと、少し?マークが付くんじゃ…。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/18(金) 08:07:30|
  2. POG
  3. | トラックバック:0

POG-1
最近、徐々に
話題になってきているPOG。今年は混戦模様ですね。
やはり、インフルエンザの問題が大きかったと思います。
インフルエンザで入厩が遅れ、有力のデビューが遅くなったからというのもありますが、
全体的に今年の明け3歳馬はレベルが低いように感じます。
は昨年並み、牝は例年より下というあたりでしょうか…

現在、牡で抜けた馬はまだいません。2歳王者ゴスホークケンは、過去の朝日杯
勝ちにひけをとらない実力を持っていると思います。マイル路線を歩み、NHKマイルC
出てくればおもしろい存在でしょう。秋はブリーダーズカップを目指すという話もあるので、
春はそこまで無理をしないということも考えられます。復帰戦次第でしょう。。。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/17(木) 08:38:05|
  2. POG
  3. | トラックバック:1

ガーネットステークス
一昨日の
ガーネットステークスは、タイセイアトムが完勝しました。着差を見れば、確かに「完勝」と言える内容だとは思います。しかし、2走前に福島1150m、京都1200mを勝ち上がっているように、本質的には平地の短距離をスピードで押し切るタイプだと思います。もともと、中山1200mは、外枠の逃げが好走しやすい舞台です。大外枠で抜群のスタートを決められたこともあり、内の逃げを見ながらレースができたという面もありました。次走は、東京1400mの根岸ステークスのようですが、そこが本当の意味で試金石だと思います。

2着のスリーアベニューは、勝ちとは斤量の差でしょう。同斤量でも、差し切るまではどうだったかと思います。
3着のシアトルバローズは健闘したと言える内容だったでしょう。

案外ったのは、ニシノコンサフォス。あの流れでも粘りきるくらいの力はある。大型でもあり、ハンデの影響もそこまでは大きくなかったはず。それが粘りきれない。前走もそうでしたが、往年の粘りが無くなってきているのかも知れません。力の衰えを感じた内容でした。

トウショウギアは、左回りを得意とするタイプです。昨年の千葉ステークスのように2~3番手
から抜け出す競馬ができれば、右回りをこなせないこともありません。しかし、今回は15番枠。その分前に壁が作れず、が行きたがってしまったのでは。次走の根岸ステークスでは、この大敗の後、どこまで巻き返すことができるか注目したいと思います。

京都メインレース・シンザン記念は、ドリームシグナルの力が抜けていました。器用さもあるタイプでもあるので、今後クラシックでも掲示板に載ってもおかしくはないと思います。

2着のドリームガードナーは、調教の内容がなかなか判断しにくいものでした。今後、マイル重賞で一応マークが必要かもしれませんが、勝ち切るまでは…3着のマヤノベンケイは、なかなかの粘り腰を見せてくれました。今後はクラシックには進まず、地方のダートを視野に入れていくようですが、もともとはダートで勝ち上がった。1800mも許容範囲でしょう。

土曜日、中山。メインレースで大敗したアポインテットボブ。素質はオープン級だと思います。左回りが得意ではないようなので、準オープンの右回りではこれからもマークしていくとおもしろい存在なのでは。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/01/16(水) 23:19:09|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。