競馬探偵が斬る!!

競馬携帯サイト【底なし競馬クイズ(2007.6月)】で、 48,000人中1位になってしまった… 高校生ライターcrisのサイト。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドバイミーティング
毎年恒例のドバイミーティング
 
明日から始まる「ドバイミーティング」。去年のドバイから、そんなに時が経過したという
感じがしません。
今年はどうなることやら…競馬ですから。競馬に絶対はありません。


とは言ったものの、「ドバイワールドカップ」は、100%カーリンのような…

以前このページで、「カーリンはスピードだけを競うような高速場をこなせるのか」と
書いたとおり、カーリンドバイ適性に対し、私は評価に迷っていました。
しかし、そんなことはあのには無縁のようで。前走のジャガートロフィー。反則でしょ。
ほぼなりで2分0秒台。正直、図抜けている。?あれは。


対抗にヴァーミリアンを挙げる人は多い。
確かに昨年秋からのパフォーマンスは圧倒的。去年と違い、フェブラリーステークス
ステップするというところに好感が持てる。

強敵はランフランコ・デットーリ騎乗で、前走マクトゥーム・ラウンドⅢを勝ったジャリル
ラウンドⅢは、ワールドカップに一番直結する。あとは相手強化だけ。
ヴァーミリアンなら、ジャリル程度なら倒せる。

怖いのは、アジアティックボーイ。ナドアルシバへの適性は抜群。ムルタは、大舞台で怖い。
正直、ヴァーミリアンより強い。
プレミアムタップに去年のような結果を求めるのは…

ハッピーボーイなど、他にも連までの可能性があり、カーリン1着、ヴァーミリアン
3着あたりと予想するのが妥当か。


ドバイデューティフリーはなかなかのメンバーが揃った。本命視されていたラモンティ
回避はある程度想定内。私は本命にダルジナを推したいところですが、ここは惑星フローラル
ペガサス
の一発に期待。香港マイル以下の路線は世界トップクラス。
あとは1777mというわけのわからない距離だけ。


対抗は、日本のアドマイヤオーラ。アンカツの腹はすでに決まっているだろう。
が、ナドアルシバの直線は長い。メチャメチャ長い。先行から切れてもの2着が限界か。


スタミナくらべの展開になれば、昨年の英チャンピオンステークスリテラト、能力で
劣らないスミヨン騎乗のダルジナ、安定感のあるマッキャヴォイ騎乗のクレカドール
昨年の2着リンガリが差がなく続く。


さらに穴を挙げてオーストラリアのニコネロ…は厳しいか、さすがに。いずれにしても
券が発売されないのが惜しくなる、見応えるメンバーだ。
 
そして、もう一頭の日本ウォッカ。コース適性はかなりある。タニノギムレット向きのコース。
だが、いつものように後ろからでは届かない。もしかしたら、ユタカは今回先行させてくるかも
しれない。果たして、先行してどれだけやれるか…未知数だ。後方からレースをした場合は
差し届かずの4~5着、先行したら…だろう。

スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2008/03/28(金) 21:22:24|
  2. 予想
  3. | トラックバック:0

ドバイミーティング
ドバイシーマクラシック
レベルは低い。去年も低かった。ヴェンジェンスオブレインが勝つって何よ。(笑)
今年も日本、例えばサムソンが出ていれば、サムソンが勝つ。アドマイヤモナークでも
もしかしたら…のメンバーだ。


実績最上位のユームザインは叩き良化型、ドクターディーノは日本で京都大賞典
勝てないくらいのレベル、ベタートークナウは何かのジョーク、そしてヴィヴァパタカ
僕は認めていない。昨年のクイーンエリザベスⅡ世カップもスローの単
騎逃げによる、一種のラッキーパンチ。日本参戦ゼロが悔やまれる。


ドバイゴールデンシャヒーンは、見応えありそう。普通にやればベニーザブルD・フローレス
騎乗の昨年BCスプリント2着イディオットプルーフが続き、それをデットーリ騎乗で前走、
マハブアルシマールを完勝したダイアボリカルがまとめて交わそうとする図式か。
穴は2、3、6番のアメリカ3騎。


ゴドルフィンマイルはいつも低いレベルだが、今年のレベルはさらに低い。妥当にいけば
前哨戦のブルジナハル勝ちイルーシヴウォーニングダイヤモンドストライプス
どこまで復調したか。個人的には、名牝ボスラシャムの仔、ロズベルグに期待。
いずれにしても、あまり誇れるレースレベルではない。


そして、最後にUAEダービー。前哨戦アルヴァスタキヤを勝ったロイヤルヴィンテージ
UAEギニーオナーデヴィルのマッチレース。まず、この2頭で決まると思う。

続くのが牝ココアビーチ。チリ産ってところがワールドワイド。2番ヌマーニーデットーリ
騎乗のマイインディなど、3着争いは激しい。

日本のイイデケンシンは、テンの速さに好感。しかし、ここは川崎ではなく、ナドアルシバ
どれだけ食らいつけるか、それに尽きる。頑張って5着あたりが妥当か。

いずれのレースも日本は勝ち切るまでは…健闘を祈る。楽しみな土曜の夜となりそうだ。

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2008/03/28(金) 09:43:53|
  2. 予想
  3. | トラックバック:0




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。