競馬探偵が斬る!!

競馬携帯サイト【底なし競馬クイズ(2007.6月)】で、 48,000人中1位になってしまった… 高校生ライターcrisのサイト。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

有馬記念
文字色文字色ダイワスカーレットは史上最強の牝馬と言えるだろう。
前半1000mを59秒6で入って、ラスト600mを36秒台でまとめられたら、そりゃ後続は
なすすべないわな。追走に脚を遣わされるから、脚をタメることができない。
だから最後の直線、先行していた馬はみんなタレた。そして後ろでトコトコやってた
アドマイヤモナークが来たと。しかも外差し馬場で馬場が重い。そこで逃げ切るという内容は、
着差以上の差を見せつける内容だった。
ダイワはとにかく単騎でペース握ったのがデカい。それ以上に、外枠不利の中山2500で
外枠引いて、必ず好スタート決めなきゃいけない中、好スタートを決める鞍上、安藤勝己の
腕が光った一戦だった。来年は海外遠征だろうけど、ヨーロッパなら勝てる。
ドバイワールドカップなんかかなり面白そう。あとは…イタリアのミラノ大賞典、アメリカの
ブリーダーズカップクラシック、オーストラリアのコックスプレート、アルゼンチンの
カルロスペリグリーニ大賞…つまり、アメリカのダート以外ならどこでも通用するってこと。
2歳春に馬体写真初めて見た時、眼に力がある馬だったけど、まさかこれほどとは…

2着に入ったアドマイヤモナークは、自分のリズムで走れた事ももちろん影響した。
大外で腹括った乗り方が効いた。でも1番影響したのは、血統。時計のかかる馬場にピッタリの父
ドリームウェル、母父になって中山に合ってくる母父トニービン
そこにさっきの自分のリズムで追走、そして外差ししか来ない馬場…すべて巧くいった。
これが原因。

3着エアシェイディはよく頑張った。内容は2着。10番人気ってのは低すぎる。
パドックでもいい雰囲気だったし、もしかしたら来年も活躍できるかもね。

4着ドリームジャーニーは、2着アドマイヤモナークとほぼ一緒に伸びて来た。
けど、最後は1馬身差がついた。この1馬身が今のモナークとのスタミナの差だろう。
だいたいこいつの狙い所は分かった。G1勝つなら宝塚記念しかないね。
右回りで小回りのO型コースの2400mまで。ストライクゾーンが狭いな…

5着スクリーンヒーローは力負け。よく頑張ったけど、結局ただの駄馬に毛が生えた程度の馬。
中途半端なスタミナに中途半端なスピード…歴代最弱ジャパンカップ馬だろう。
例年のジャパンカップ馬なら、あそこで早めに動いてもいい勝負してたね。
デムーロや横山典弘が乗らないなら切る。

6着アルナスラインは中途半端な競馬になっ文字色た。ハイペースについていくほどの脚がないし、
スローペースになって瞬発力勝負になっても分が悪い。直線長いコースで平均ペース、
休み明けか叩き2戦目っていう制約がつく乗り難しい馬だね。昨日はペリエが巧く乗った。
今年、オリビエはいつもより乗れてないっていうけど、往年の巧さはやはり際立ってる。
ルメール、デムーロも巧いけど、ペリエも負けてはいない。
余談だけど、この前wsjsに来たアラン・ガルシアは凄いな。まさかクリーンをあれほど
巧く乗りこなすとは…ジョン・ムルタもさすがクールモアの主戦なだけある。
もちろんメンディザバルも巧い。逆に…誰とは言わないけど、デイラニに乗った○ンの
どこらへんがスーパージョッキーなのか分からなかった。

メイショウサムソンは完全に終わっていた。返し馬でも往年の迫力がなかったし、
パドックでもオーラを感じなかった。腰回りが完全に太かった。明らかに余裕残しだった。

フローテーション
はただ弱いだけ。G1で2着に来たときも、あれはG1とは呼べない
低レベルレースだった。もう来るレースないんじゃないかと考えさせるほど弱かった。

アサクサキングスは力負け。どうも今の3、4歳の牡は弱い。レベルが低すぎる。

だけどね、今年の2歳の牡馬は強いよ。特に、リーチザクラウンロジユニヴァース
トーセンジョーダンの3頭は抜けて強い。姉のクラウンプリンセスみたいに体重減らなきゃ
リーチはもっと走れる馬だろうし、ロジは『強さ』を感じさせる。ジョーダンは勝ち時計。
今年の冬の中山で2分0秒台を連発。若さが残ってるけど、かなり楽しみな馬。


さて、マツリダゴッホについて。
1コーナー回った時点で終わったと思った。先行マクりが身上のこいつが、後方から進めても
届くわけがなく。昨年の日経賞でネヴァブションに負けた時の止まり方から見て、本質的に
この距離は長い馬だからね。外枠入った時点でレース終了だったな。
決してレース中怒ってという理由だけではない。

結論言えば、1頭の名馬VS13頭の駄馬だったってこと。荒れた理由もしっかり説明できる
レースだった。

で、いろいろな人に聞かれたのが、ウオッカディープスカイがいたらスカーレット
勝てなかったんじゃないかって。


答えはNo。100%ダイワが勝つね。自分でレース作れるから。

あんな不器用なウオッカは、有馬記念なんか出ても間違いなく馬券に絡めないし、ディープスカイは展開に注文がつくからね。


競馬は強いだけじゃ勝てない。


だけど、『本当に強い馬』は条件問わず好走する。これがディープスカイウオッカダイワの違い。
ダイワスカーレットは歴史に残る名牝。
来年の今ごろは、世界競馬史上最高の名牝と呼ばれているかもね…
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2008/12/31(水) 11:39:59|
  2. レース回顧

フェブラリーステークス

クイーンカップ


リトルアマポーラは完勝だった。桜よりオークスという。桜は三番手くらいの評価、
オークスは連軸がベスト。

次走狙えるのは、ライムキャンディマルターズオリジンマルターズは人気も下がる
だろうし、かなりおいしい。

京都記念
アドマイヤ2騎で鉄板のレース。水気のある芝でウオッカは狙えない。
ウオッカは、後々話していきますが、恐ろしくわかりやすい
狙いどころがはっきりしすぎなくらい。このように、狙い所がはっきりしているようでは
と言えない。常に勝つ、どんな条件でも。ウオッカにもこのくらいのランクになる
ための成長をしてもらいたい。今は、「少し強いタニノギムレット産駒」の
イメージでしかない。

シルクフェイマスは展開に恵まれたが、あの歳を考えると良くがんばっている。
福永もいい騎乗だった。

他に土曜で気になった東京9レース調布特別で4着だったアブソリュート
狙うなら、次の次あたり。次が中山なら狙わないで、その次が春の東京だったら狙う。
中山が連続開催に入るから、どこかで出てくるだろうけど、たぶん中山は合わない。
陣営も分かっていると思うけど。

京都10レーンパッションレッド、平坦コースなら準オープンでも充分通用する。

さて、土曜の目玉は京都新。あのカジノドライヴが大差勝ち。確かにウワサ通りの
体だったね。大差の圧勝から、マスコミとかがかなり大きく扱っているけど、
強いです。アメリカでなら。

日本の砂は、アメリカの砂に比べ断然浅い。力よりスピードが必要な場なんです。
だいたい、父マインシャフト、母父デピュティミニスター、祖母がケンタッキーオークス
ジャジル、姉もベルモントステークスラクストゥリッチズ…これでもかというくらい
ガチガチのアメリカ血統。

京都の砂は、特にスピードが必要。だから、勝ち時計が1分54秒4なんて平凡な
モノになる。確かに最終レースのゼットコマンダーより速かったけど、9レースの
1000万条件に1秒2及ばないタイムは、何の誇りにもなりません。相手が弱かっただけ。
まあ、コパノアコチャンはまだ見込みあるけど。ラスト1ハロン11秒台まてで持っていった
けれど、逆に言うと、出して当然。出せなければアメリカなんて夢のまた夢。
たぶん、アメリカなら通用する。次はアメリカGⅡ、ピーターパンステークスらしいけど
ここならなんとかなる。ここを勝てば、ベルモントステークスも楽しみになってくる。

そういえば、ピーターパンステークスからベルモントステークスってのは、あのサンデー
ブレイク
と一緒だね…これより上の結果を楽しみにしています。



日本向きのダートを挙げます。日曜東京のヒヤシンスステークスを圧勝した、サクセス
ブロッケン
。強かったなあ~脚部不安でダート使ってるけど、芝走ったら
どんな馬になるんだろう…スタミナに加え、スピードもある。本格化したらどうなるのか…
「怪物」になるかもしれません。

そうなると思うと、毎回三歳ダート路線が整備されていないことを悔やんでしまいます。

シルクビッグタイム、サクセスブロッケン、アドマイヤロザ、アドマイヤスワット、
ハイエモーション、マイネラロンハ、メイショウクオリア、ダイワランスロット、
ピイラニハイウェイ
etc…

ユニコーンステークス一つだけっていうのは、誰でもおかしいと思える顔ぶれです。
月に一つ、1000万条件を無くして、代わりにダート三歳限定重賞を加えても
いいんじゃないですか。あのシルクビッグタイムユニコーンステークスの叩き台に
ファルコンステークスというのは見ていられません。


テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/02/29(金) 12:25:13|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0

フェブラリーステークス

この際、ハッキリ各馬を斬っていきます


アンパサンドのような地方の少し上のレベルのヴァーミリアンのようなに勝つことは、
万に一つも無いと断言できます。

3枠のクワイエットディメイショウバドラーは穴人気していましたが、フェブラリーステークス
平安ステークス勝ちを狙うのは「やってはいけないコト」です。根岸ステークスで完敗した
を、なぜフェブラリーに狙うのですか?

ドラゴンファイヤーは、確かに素質は高い。しかし、「GⅠで通用する」ではない。現時点で。
後に、地方交流重賞に人気で出てきたときは、消したほうがいい。全兄ナイキアースワーク
そうですが、この兄弟は地方の深い砂が合っていない印象を受けます。

ロングプライド東京マイルがベスト」と書いていた新聞がありましたが、誰が見ても
ベストは中距離と思える血統、体をしています。意外と京都ダート1800巧者。
あのコースは、好き嫌いがはっきりしている「リピーターコース」。
今後も期待できます。楽しみが広がるです。

そもそも、東京でメイショウトウコンを狙うという考えが分からない。左回りは小回りのマクリ
しかできないを、東京のマイルで狙うというのは、何を根拠にしているのだろうか?

今回私が狙ったのは、◎ヴァーミリアン、○ブルーコンコルド、○ワイルドワンダー
デアリングハートデアリングハートは、このレースを最後に引退ということになった。

去年の府中牝ステークスヴィクトリアマイルなど、券的にかなりお世話になった
NHKマイルもそうですが、東京芝マイルの走り方を知っていた。キングハメハメハとの仔が
できたら、POGで指名する。これからもがんばって欲しい。

フェブラリーステークスは、券的にはすごく簡単なレースだった。各の特徴をつかむ。
これが的中への第一歩なのだ。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/02/28(木) 10:52:03|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0

フェブラリーステークス

さて、話を戻し。
2着のブルーコンコルドは、さすがにGⅠを何勝もする力を持っています。いいです。
そうですね…かしわ記念に出てくるようなら楽しみです。右回りがスムーズなタイプでも
あります。が、秋の南部杯で今回のような力が出せるかは分かりません。
カーリアン系は息長く活躍しますが、さすがに8歳では…

3着ワイルドワンダーは力を出し切っての完敗でした。
勝ちと同じ位置に並びかけていきながら、逆に突き放される…完全に力負けでした。
母のワルツダンサーから、末脚がもっとも活きるのはダート1400でしょう。
ブロキオンステークスに出てくれないかな…

さて、ここまでの文を見て、何か気づいたという人がいるでしょうか。

お気づきの方もいると思いますが、今回の1~3着、フルゲート16頭の半分から
すべて外側の枠だったのです。昨年の1~3着も同様です。

東京ダート1600mは外枠有利なんです。スタートしてから、少しの間芝の上を走る
このコース。外枠に行くにつれて、スタートから芝を抜けて砂までの距離が長くなる。
砂より芝のほうがより速く走れる。内枠のがダートに入った時、外枠の
まだ芝の上を走っている。これにより、助走の長さが変わり、外枠のは勢いに
乗り、レースを有利に運べるということです。

つまり、このレースの内枠、マイルの勝鞍なし、スタートに不安ありのタイプを狙うのは、
金の無駄ということになります。そうなると、4枠、マイルは最高3着、スタートに
不安ありのフィールドルージュは、見事なまでにこの条件を満たしています。
とても買う気になれませんし、ヴァーミリアンに勝つことは、たとえ最後まで走り抜いた
としても、不可能でしょう。

ちなみに、昨年4番のシーキングザダイヤも人気でコケてます。

この法則に従うと、フジノウェーブに買う要素など全くありません。そもそも、キネティクス
の下をGⅠで買うということからして、ありえません。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/02/27(水) 21:37:32|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0

フェブラリーステークス

先週は「砂」で始まり
「砂」で終わった週でしたね。

まず取り上げたいのは、「フェブラリーステークス」。

ヴァーミリアンの独壇場でした。「取り消し後だから」「マイルの勝鞍が無い」との声も
ありましたが、強いはどんな条件でも勝つものです。ヴァーミリアンの初ダート、
エニフステークスから早2年半。あのレース、僕はテレビ観戦でしたが、期待半分、
不安半分だったのを覚えています。その年の春の東海ステークスで半兄のサカラート
圧勝、次走のブリーダーズゴールドカップでも、タイムパラドックスに完勝していたし、
父はミスプロ~キングマンボと来ていたエルコンドルパサー。父自身もダート適性が
高かったので、ヴァーミリアンもかなりダートは巧いんじゃないかなと思っていました。
期待通り初ダートを勝った時、「これは次走の浦和記念も楽勝だな」と思いましたが、
あれから2年半、想像を超える怪物になっていました。

ある程度楽に追走し、ラスト、4コーナー回ってきたときの手応えを見て、「勝ったな」と
いうのは分かりました。隣のワイルドワンダーもいい手応えでしたが、ヴァーミリアン
手応えはそれを上回っていた。まさに「テン良し、中良し、終い良し」の競馬
非の打ちどころが無い。あれで体がまだ緩い…正真正銘の「怪物」です。
ドンより強いと思わせる内容でした。

次走はドバイワールドカップ。テンから早い競馬となるので、芝実績のあるほうが
断然有利。そういう意味では、カーリンあたりがどこまで走れるか、未知数であると
思います。昨年の2着プレミアムタップが中心でしょう。
ヴァーミリアンが昨年の差をどこまで埋めることができるか楽しみです。
このレース、他に注目を挙げると、昨年の英チャンピオンステークスを勝った
リテラトでしょうか。総合力は、香港カップ
勝ったラモンティの方が上だと思いますが、ナドアルシバのダート2000mは、
かなりタフなコース。スタミナは、リテラト
上です。
が、いかんせんスピードも必要なレースなので…エレクトロキューショニストのような
に向いているコースです。そういう意味では、もしダイワスカーレットが出走していれば…
かなりいい感じの勝負になるのではと思えてなりません。
  1. 2008/02/26(火) 20:14:11|
  2. レース回顧
  3. | トラックバック:0




| ホーム | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。